心筋梗塞のリスクを大きくカット|禁煙外来の力を知ろう

役立つ放射線治療

看護師

転位癌治療

複数の臓器に発生した転移癌の治療に期待が持たれているのが、様々な放射線治療です。転移癌の場合には手術を行なえない場合も多く、こういった放射線でのアプローチが一つの有効な方法となります。最近の放射線治療では、転移癌の部分にのみ集中的に放射線を当てることが出来、副作用も軽減出来るのです。 こういった放射線治療の代表としては、例えばトモセラピーが挙げられます。トモセラピーは、病変の形によって照射の調整が出来る高度な放射線治療で、現在一部の医療機関で先進医療として行なわれています。このトモセラピーを受ける場合の費用には健康保険が適用されないため、200万円前後の治療は自己負担となるのです。放射線治療の費用は、こういった保険適用の有無によって大きく変わってきます。

被ばく量を抑えることが出来るのです

トモセラピーを始めとする高度な放射線治療は、目的とする癌の病巣にポイントを絞って照射出来るというメリットがあります。そのため、他の組織の被ばく量を大幅に抑えることが出来るのです。転移癌の場合には、複数の臓器に照射しなければならないこともあるため、1回の治療で受ける放射線量が抑えられることは特に大きな利点となります。 放射線治療は短期的な副作用は一般的に少ないとされています。ですが、長期的な視点で見た場合には一定の悪影響が懸念されるため、こういった被ばく量を抑えた治療法は現在人気を得ているのです。外来で簡単に転位癌治療が出来る点も、利用者にとっては大きな魅力となっています。トモセラピーは、これまで問題とされてきた治療に伴う副作用を大幅に減らせる治療法なのです。