心筋梗塞のリスクを大きくカット|禁煙外来の力を知ろう

転移させないことが大切

白衣の人

癌治療に必要なのは、癌そのものを消滅させることですが、それと同時に癌細胞を他の部位に転移させないことです。癌は発症すると、体内の色々な部分に転移する性質を持っています。一箇所に発生した癌は、手術や薬物療法などで取り除くことができます。しかし、転移した癌細胞は取り除くことが難しくなるといわれています。癌治療は、治療そのものと合わせて、転移させない予防対策を行なっていきます。癌細胞が体中に転移する原因としていわれているのが、大きくなった細胞が患部へ広がって行き、リンパ管や血管なども癌になってしまいます。侵食されることによって、細胞が血液などに乗って、全身へ流れていきます。こうすることによって、一部だけではなく全身へと転移していくのです。通常なら、癌細胞は異物としてリンパ節が全身へと流れてしまわないよう、せき止められます。しかし、そのリンパ節の働きにも限界があり、その限界を超えると全身へと癌細胞が流れ出てしまうのです。転移しやすいのはリンパ節が近い場所とされています。女性に多い乳癌や、子宮癌もリンパ節が近いからです。さらに、肺や肝臓は全身の血液が通る場所なので、この場所に癌を発症してしまうと癌細胞が全身に流れ出やすくなります。癌が転移した場合、手術による摘出は難しくなるのでこの場合の治療方法は、抗がん剤などを使用しての薬物療法となります。他にも、放射線を使っての治療方法もありますが、進行状況によって治療方法が変わってきます。