心筋梗塞のリスクを大きくカット|禁煙外来の力を知ろう

転移する癌

メンズとレディ

癌が全身に転移するには、様々な仕組みがあります。最も多いのが、癌細胞が血液に乗ることで、全身に転移する血行製転移です。また、人間の身体には全身にリンパ管が張り巡らせれていて、そのリンパに乗っても全身に転移する場合があります。他にも、癌細胞が臓器の中で大きくなり、突き破って広がり転移する腹膜播種があります。癌は、種類によって転移しやすいものから、再発しやすいものとが分かれます。転移する可能性が高い癌には、乳癌や卵巣がん、胃がんや肺がん、大腸がんや肝臓がんが挙げられます。再発しやすいものとして、肝臓がんや食道がん、膀胱がんなどがあります。早期に治療を始めることで、転移を食い止めることは可能です。転移する癌には、臓器だけではなく、骨にも転移するものがあります。骨転移といわれる状態です。骨の内部には、骨髄といわれる組織があり、その骨髄は血液細胞を作る役目を担っています。そのため、骨の内部には無数の血管が存在しています。その血管を通り、癌細胞が骨髄にまで到達すると、そこに癌が転移することになるのです。骨に転移した癌細胞が形成を始めると、がん組織は大きくなっていきます。癌細胞が大きくなればなるほど、痛みが現れます。治療には抗がん剤が使用されます。全身に巡ったがん細胞に効果がある治療薬でもありますが、副作用で頭の毛が抜け落ちる場合もあります。まずは、全身に転移させないように早期に発見、適切な治療を行なうことが大切といえるでしょう。