心筋梗塞のリスクを大きくカット|禁煙外来の力を知ろう

重たい病気などを予防

女医

病気や腰部脊柱管狭窄症を未然に防ぐことができれば、痛みを生じさせる心配もありませんし、余計な治療費がかからないというメリットもあります。
がんや腰部脊柱管狭窄症になってしまうと手術や治療で一時仕事を休まなければならない事態にもなってきます。中には仕事をやめて治療に専念する人も出てきます。キャリアや人生に大きなダメージを負わせてしまうということにもなるので、できるだけ病気は未然に小さな内に済ませておきたいものです。今では胃がんやその転移に対する治療方法も発展し続けているので、異常を感じたらすぐに医師に相談できます。そして、それ以前の胃がんなどの重大な病気にかからないようにするための方法も考えだされています。がんの治療をした人、または治療中の人は転移や再発が心配になりますが、食品などに気をつけていれば予防できる確率が高まります。

アガリクスやフコイダン、霊芝などといった食品や漢方薬が胃がんの転移や再発、発生を防いでくれる効果があることで注目の的になっています。アガリクスはきのこの一種で、フコイダンは海藻に含まれるものです。そういった食品に役立つ成分が入っているので、がん予防のために用いられ始めています。アガリクスやフコイダンにはなぜがんの発生や転移を防ぐ効果があるのかというと、βグルカンやペクチドグルカンなどの成分がヘルパーT細胞という身体の中にある免疫機能を高めてくれるといわれているからです。ヘルパーT細胞は身体の中にある細胞の一種ですが、こういった身体の中から強くしていくことが、胃がんの発生を防ぐことに役だっているのです。