心筋梗塞のリスクを大きくカット|禁煙外来の力を知ろう

女医

内科の利用

アレルギーや喘息、アトピーなどのアレルギー関連の病気は、内科にあるアレルギー科で治療を行うことができます。専門的治療をすることができるので、正しい治療を行うことが可能です。

救急車と聴診器

血管が詰まる病気

城東区の内科では、風邪や頭痛などを治療してくれますが、心の病気を診てくれる内科もあります。それは心療内科です。ストレス社会の現代では心療内科の必要性が高まってきています。

白衣の人

転移させないことが大切

癌を発症した時に大切なのは、他の部位に転移させないようにすることです。癌細胞は血液に乗って全身に巡っていきます。全身に転移した癌は、手術での治療が難しく、抗がん剤や、放射線を使っての治療になります。
病院

初期で見つけて治療

今注目されているウルトラピュアとオンラインHDFというものがあります。東京などの都心部の事情を書き、若い人達の人工透析導入が増えていることからオンラインHDFが今後も増えていくと言われています。

看護師

役立つ放射線治療

転移がんの治療で昨今広く用いられているのが、トモセラピーを始めとする放射線治療です。こういった放射線治療は、ポイントを絞ったアプローチで治療に伴う副作用を大きく抑えることが出来ます。

男女

アガリクスや冬虫夏草

圧迫骨折の予防には、骨密度の改善が必要となります。食生活の改善や適度な運動により骨や筋肉を鍛え骨折しにくい体質が重要と言われています。圧迫骨折になってしまったら、外科的な処置よりも保存療法中心となるため、適切な姿勢を心がけ安静にするようにしましょう。

メンズとレディ

転移する癌

糖尿病は肥満、食べ過ぎ、飲み過ぎなどの生活習慣の乱れによって引き起こされます。治療には食事の改善が最重要になります。必要な栄養素を取り必要以上のカロリーを摂取しないことが大切です。糖尿病はインスリンの働きが衰えて起こります。命にかかわる病気になるためことも考えられるのです。

男女

更年期障害のなぜ

頸椎の椎間板が何らかの原因により損傷し、内部の髄核がむき出しになり脊髄や神経を圧迫している状態を頸椎椎間板ヘルニアと言います。主な症状が手足の先端の麻痺や痛みです。脊髄が圧迫されている場合は、外科手術が選択されるのが一般的です。神経が圧迫されている場合は薬物療法で経過を観察します。

診察

甲状腺機能の低下

甲状腺の病気は早く見つけて早く治療をすることで、よい経過が現れてきます。この病気はいろいろな症状が体に出てくるために最初に行く病院を、間違っている人が多くいて、違った病気と診断されるケースが多くなっている病気です。

女医

重たい病気などを予防

身体の中にある免疫機能を高めることは、病院での外科治療と合わせて大切なことです。胃がんにかかってしまった時は転移が心配ですが、食品を利用すれば発生や腫瘍の移動が予防ができます。

病院

ただの痛みじゃないなら

すい臓がんはがんの中でも最も転移しやすいがんとして知られており、加えて発見が非常に難しいと言われるがんです。予防する為にも、転移しやすい場所や、基本的な知識を理解しておく必要があります。

体に影響をあたえる

女性

タバコは体に大きな影響を与えるものであり、喫煙している人に比べ禁煙者は病気を患いやすい傾向にあります。タバコを吸うことで、胃がん・肺がん・食道がん・心筋梗塞・肺気腫になど、あらゆる疾患を引き起こしてしまう可能性があるのです。呼吸器や循環器疾患になりやすく、またタバコの煙は周囲の人へも影響を与えます。家族が居る場合は、子どもや奥さん、祖父母などがこれらの病気を患ってしまう恐れがあるのです。タバコに依存してしまうとヘビースモーカーと呼ばれ、簡単に禁煙することが難しいです。タバコに含まれているニコチンは、脳と心と体を落ち着かせる効果を持っています。自分だけで気持ちを落ち着かせられない人にとっては、タバコの存在は大切なのです。体が大きな病にかかるだけでなく、心の病にもなってしまうと言えるでしょう。

城東区にある内科診療には、心筋梗塞のリスクを高める喫煙を断つための禁煙外来があります。内科では風邪や腹部などの症状から、禁煙をサポートしてくれる役割も持っているのです。城東区の内科診療では、このように禁煙外来を利用する人も多く見られます。禁煙を治療する薬には、チャンピックスと呼ばれる飲む治療薬とニコネチルの貼る治療薬があります。どれを服用するかは、医師と相談しながら自分で選べます。禁煙外来は保険が適用されているので、誰でも安心して受診出来ます。保険が適用されるので、かかる負担が軽減されます。保険を適用させるためには、決められた条件があるのであらかじめ医師と相談する必要があります。自分で禁煙するには、強い意思が必要となります。しかし自分だけでは、長年吸い続けたタバコを辞めるのは中々難しいです。医師にサポートしてもらうことで、正しい治療薬と一緒に禁煙に向かえます。